三菱東京UFJ バンクイック

バイトしかしてないんですが、借入できますか?

アルバイトやパートなど、正規雇用ではない場合、借金は無理なのでは?と思いこんでいる方は多いと思います。しかし、毎月、安定した収入がある場合は意外と貸してくれるところは多いのです。極端な話、あなたの個人情報次第では金利の低い銀行だってぽんと貸してくれたりもするのです。

ポイントは、まず、安定した収入。これが第一です。また、他に借り入れをしていない、高額ではない(30万以下)だったりすると、一般的な金融会社は貸してくれる可能性があるとみていいです。

さらに、結婚していて家族がいたり、持ち家がある、勤務年数が長い、固定電話があるなどのプラスがあれば銀行だって信用して貸してくれるでしょう。

大手の金融会社や銀行が貸してくれなかったときは、借入は諦めた方がベターです。なぜなら、あなたには返済能力がないと言うことですから。そんな状況で闇金などに手を出すと、身を滅ぼしかねません。アルバイトやパートのように保証がない雇用形態の方は金利が低く安全な銀行や大手以外で借りるのはとても危険です。借りる額も自分で返せると思える額にとどめて早めに返済を済ませるようにしましょう。

当たり前の話ですが、借金をすると利子が付きます。大きな額を借りるとそれだけたくさんの利息が付き、返済が長くなるとまた、その分利息がかかってきます。無駄な利息を支払わないためにも、少額借り入れ、スピード返済をしましょう。

借金を家族に知られたくない!郵送はやめてくれる?

借金をすることに罪悪感を感じる人は多く、そのため、借金を家族に知られたくない!郵便物からばれるのではないか?電話からばれるのではないか?そんな不安を抱えている人はかなり多いんです。しかし、安心してください。バンクイックではそのあたりもきちんと配慮してくれます。

そもそもバンクイックは三菱東京UFJ銀行のサービス名。郵便物はUFJ銀行の名前で届きますので、借金したかどうかは郵便物だけではわからないようになっています。(第二リテールアカウント支店と書かれていたら、申込書類の送付です)また、電話での在宅確認も個人名でかけられてきますので、借金をしただけではそうそうばれることはないと思っていいでしょう。職場への電話も、希望すれば個人名でかけて来てくれますので安心。

この確認の電話や申込書の送付はバンクイットに限らず大抵どこの金融業者もやっています。それは本当にあなたがそこにいるのかを確かめるためのものですので、必要不可欠なものなのです。

それでも不安な場合、テレビ窓口をおススメします。平日の午後から三菱東京UFJ銀行のATMに設置されたテレビ電話でオペレーターに申し込みすると、その場でカードを発行してもらえます。どこのATMでもあるわけではないので、事前にテレビ窓口があるかどうかの確認をお忘れないようにお願いします。それと運転免許証を忘れてしまった場合は、自宅に郵送になってしまいますのでご注意を!郵送されちゃったらテレビ窓口にした意味がないですもんね!

その他、源泉徴収や納税決定通知書など必要書類がいくつかあるので確認してから行った方が良いでしょう。

ただ、筆者としては家族に内緒の借金は出来るだけ避けた方が良いと思います。後々のトラブルにならないよう、お気を付け下さい。

バンクイックとアコム、借入時の違いは何?

バンクイックとアコム、どちらも同じ銀行の系列ですが、違いはどこでしょうか。

答えは「銀行カードローンと」「消費者金融カードローン」つまり、お金を貸してくれるのが銀行か、金融機関かということです。この2つは同じ東京三菱UFJ銀行の系列。どうして?なんて思うかもしれませんが、バンクイックで返済が滞った時、UFJ銀行はアコムに「返済しろ!」と要求するわけです。つまり、あなたが借入する際は、アコムが返済保証会社の役割を担い、UFJ銀行が貸付をするということになるのです。そのため、保証が滞ったら保証会社であるアコムに返済を求め始めるのです。

また、銀行であるバンクイックの方が金利は低く、最高融資額は高いですが、利用対象者年齢がアコムの方が広かったり、ネット返済を利用できるなどの利便性があると言うメリットもあります。

2つを比べると、借りるだけならバンクイックの方が良いように見えますね。しかし、返済方法や、審査が通るかどうかと言う面でご不安な方はアコムの方が良いかもしれません。一括審査と言って、アコムとバンクイック、両方の審査を一気にしてくれるという方法もあるので、悩む方は一括審査をしてみて、どちらも通るかどうかを見てから決めてみてはどうでしょうか。

どちらも同じ銀行の系列ではありますがこまごまと違うところがあるのでよく比較して、自分がどちらで借りるか決めた方が良いでしょう。

土日しか休みがないんだけどバンクイックカード申し込みできるの?

「バンクイックがおすすめって聞いたんだけど、平日に休めない、銀行系のローンだから土日祝日行けないならムリかなあ」と諦めている方、ちょっと待ってください!バンクイックは土日祝日OKですよ!

まず、ネットや携帯、スマホで24時間365日受付可能。その後、ATMで申込書類入手、作成、カードの受け取りが可能です。

「ATM!?」と驚くアナタ、バンクイックのATMにはテレビ窓口と言う素晴らしいものがあるのですよ。プライバシーに配慮したブースでテレビ電話のようにオペレーターと相談することも可能。土日祝日なら18時までは対応してもらえます。カードの発行もこのテレビ窓口で行えますので、トントンとうまく行けばその日のうちにカードを受け取りキャッシングすることも可能です。

申し込みには運転免許証や保険証などの身分証明書が必要なので忘れずに持ってきてください。また、申し込み後、確認の電話がありますので確実に家にいる日を伝えて電話を受けるようにしましょう。

バンクイックは皆さんが思っている以上に利便性に富んでいます。現代人のニーズを一番反映している銀行系のカードローンだと思います。返済も土日祝日対応しているので、忙しい方にもぴったりですね。銀行系のローンですので他の貸金業者に比べ安心なのもいいですよね。迷ったらまずは問合せ。疑問はすっきり解決してから申し込みしましょう。

ここが他と違う!バンクイックの特徴

バンクイックは三菱東京UFJ銀行が発行するカードローン。他の銀行と一線を画する特徴があるので人気があります。その特徴とはずばり【スピード融資】!早ければ即日発行です!

今までの銀行でしたら、申し込み~仮審査~本審査~と言う具合でのらりくらりなんだかんだと時間がかかったもlのですが、バンクイックは早いです。

申し込みもネットで24時間365日の受け付けしたら、テレビ窓口と言う、土日祝日も利用できる窓口に行きましょう。そちらを利用するとその場でカード発行してもらえます。カードの発行が済めばすぐに利用できるので簡単にカードが作れますね。

時間外手数料も取られないし、月の返済額を低く設定することも可能なので嬉しい限りです。銀行系のローンなので金利も低めで安心、主婦の方や学生も利用できるので人気が高いです。コンビニでの返済もできるので利便性も高い言うことなしのカードローンですね。

こういっては何ですが、銀行系でこれだけの手軽さと金利の低さ、利便性を兼ね備えているのなら、ここ以外は借りたいとこないでしょって思います。ただ、審査があるのは当然のことなのでそれだけは頑張ってクリアしてほしいところです。他で借りるよりもずっとお勧めなので、カードを作ろうと思っている方は是非、一度バンクイックに問い合わせてみてください。

借入したいけど、最高融資額って基準があるの?

よく問題になるのは住宅ローン。家を建てたいけれど今一歩。融資額が足りない!なんて人は多いのです。

融資額を決めるのは貸し手側。どうやって決めているのかと言うと、ずばり返せるかどうか。まずは世帯収入、勤続年数、借り手の年齢、子どもの有無、果ては勤務先の信用度まで考慮されます。

まず基準となるのは世帯収入。返せる額は基本ここから算出されます。これに加えて下記の条件が加味されることで融資額が決定するのです。

まず、単身者よりも既婚者の方が判定には有利。なぜなら逃げられる確率が低いから。そして子どもも同様です。子どもがいたらお父さんは頑張るものとして世間では信用度が上がります。一家の大黒柱であることは、世間的にはかなり信用度を左右することにつながるのです。

そして、勤務先について。収入がこれから上がるぞ!と先行きが明るい場合は少し上限をあげてもらえる可能性はおおいにあります。この先行きには勤務先が有名企業かどうかと言うことも考慮に入れられます。今にも潰れそうな中小企業は敬遠されますが、ローンを支払い終わるまでこの会社にいるなら大丈夫だろうと思われるところなら貸し手側も安心。プラス要因の一つになるでしょう。

貸し手側は完済までの人生設計を見ます。10年で完済予定なら、借りる人の10年後を予想するのです。例えば、50過ぎた男性が80過ぎのおばあさんと同居、収入も少ないし、他に身寄りもいない、自営だなんてところだと大きな金額は難しいでしょう。返せない可能性の方が高いですから。

貸し手はライフプランのプロ。ここで無理と言われたならそのローンを組むのはやめた方が無難です。プロにやめた方がいいと言われていると言うことですから。

借入時の必要書類ってどんなものがある?

会社によって少し変わっては来ますが基本的に身分証明書、収入証明書の2つは必要です。

身分証明書は出来れば顔写真が付いた運転免許証やパスポートなどが良いでしょう。無ければ健康保険証でよいと言われるところが多いので健康保険証を用意してください。収入証明書は源泉徴収や課税証明、確定申告などなど、自分の収入がわかるものを用意すること。外国の方は外国人登録証や在留カード、永住者証明書も併せて提示しないといけません。

上記に記載したものを用意できれば大抵のところから借りることはできます。ただ、これプラス印鑑証明や謄本を要求されることもあるので、一度窓口に問い合わせてみた方が良いでしょう。

事業として融資を受けようと思っている方は事業計画書や収支計画所があると信用度も上がりやすくなります。

住宅ローンなどの大口契約では団体信用保険加入申込書も一緒に提出しないといけません。これはあなたに万が一があった時の保障となりますので銀行からしたら重大書類です。銀行系の金融機関で大口の契約をする時には必ずと言っていいほど言われるはずです。この保険に入れないと仮審査でOKが出ていても、即落とされます。大事なことなので、間違いがないようにしてください。

カードの限度額を増やしたい、増額申請してもいいの?

キャッシュカードやクレジットカードには限度額と言うものがあります。それはこの金額までなら引き出せますよと言うもの。限度額10万円なら10万円まではOK。でも10万1円はダメってことです。でも、10万円借りていて1万円返したらまた1万円を借りることができます。コップの水を思い浮かべてください。いっぱいになっても捨てたらまた入るでしょ?そんな感じです。

しかし、最初は誰でも信用がないため、限度額が低めに設定されていることがほとんどです。もっと利用したいと思う人は限度額をあげて欲しいと思うことでしょう。カード会社にとって良客だった場合はカード会社の方から増額しませんか?と打診があることがあります。もしくはそっと妖精さんのように勝手に限度額をあげてくれていることも。しかし、それを待つにはちょっとと言う方はカード会社に問い合わせてみてはどうでしょうか?サイトや電話で受け付けてもらえますよ。

増額申請が通るポイントは以下の項目を参照してみてください。このポイントの一つ一つがプラスになっていきます。

・過去に延滞したことが無い、または少ない。これは当然のことです。信用問題ですからね。

・与信枠が少ない。与信枠とは他のカード会社の上限金額。他で目いっぱい借りられる可能性がある場合、両方一気に借りるかもしれないと言う可能性を考慮されマイナスになります。使わないカードは解約したり、限度額の引き下げをしたりしておくと良いでしょう。

・カード作成から時間が経っていること。つまり、おなじみさんであると言うことがポイント。お得意客とそうでない客ならお得意客の方が信用が高いのは当たり前です。

以上の項目が大体の基準になります。やはり信用が大切ですね。上の項目はずっと上がりっぱなしの話ですが、今回だけでいい!と言う場合は一時的な上限アップも可能ですよ。こちらは一時的なものなのでそうでない場合と比べて審査も簡単です。急ぎでなおかつ、「今回だけ!」と言うケースではこちらの一時限度額アップの方で申請してみてはどうでしょうか?

いずれにしても100万単位で上がるような大幅アップはあり得ないことだけはご了承ください。限度額をあげるのはコツコツと信用を積み重ねてからと言うことですね。

借金、上手に一括返済してすっきりしちゃいましょう

一括返済のメリットは早々に返してしまうことで利息分が減るというところ。特に住宅ローンなどの大口のローンや、カードローンはは利息も無視できるようなものではありませんし、毎月の返済ではなかなか元金は減らないのでいつまでも払い続けなければならないのです。ですので、一括返金はお勧めです。

しかし、一括で返すのにもちょっとしたコツがいります。それは余裕をもって返すこと。無理して返すとかえって今の生活バランスが崩れかねません。一番いいのは、返済とは別に余裕のある時に少しづつ貯金をしてそれがたまった時に一気に返すことでしょうか。それでもやはり急な出費や、子どもの教育費などに備えて手元にいくらか残しておきたいですよね。

また、住宅ローンの場合は年末より年始に行った方が得でしょう。なぜなら、年末には住宅ローンの査定があるからです。多く残っていれば残っているほど減税されるので、この時には残しておきたいものです。その他にも住宅ローンに連動させた預金もあります。預金との差額分だけしか利息を払わなくてよいと言う仕組みなので、一括返済の最大のメリット【利息が安くなる】が実現しないわけです。それだったら無理して払うよりも当初の予定通りでも何の問題もありませんよね。

一括返済はとても魅力的な話。それをうまく使えるかどうかは、債務者の自己判断能力次第と言ってしまっても過言ではありません。どうか、上手に利用してお得なローン返済を目指してくださいね。

知っておきたい借入上限、あなたはいくら借りられる?

法律で借入する金額に上限があるって知ってましたか?その名も【総量規制】。この法律によって、年収の3分の1以上を超える金額は貸し付けてもらえないのです。例えば年収900万の人なら300万円までと言うことですね。この法律は数社から借入するときにも適応されます。お金を借りるときに信用情報の照会と言うものをするのですが、その時にあなたがどこの会社からいくら借りているかすぐに判ってしまうので、借金合計が年収の3分の一を超えるときは貸し付けはしてもらえません。保証人がいようが、宝くじが当たろうがギャンブルで勝とうが安定した年収の3分の1以下は借りられません。

ただ、例外があって、銀行系のローンは総量規制対象外。住宅ローンや車のローン、増えすぎた借金を一本化にするおまとめローンはすべてこの銀行系です。しかし、多額の借金をするのだから審査も厳しめ。

また、意外かと思われるでしょうが、クレジットカードも対象外。貸金業法の対象外になるので適応されないのです。

たくさん借りたい人にはめんどくさい法律かも知れませんが、これは借りる人の身を守るための法律なのです。もちろん、法で規制されてますので、それ以上を貸し付けたら業者は法律で罰せられます。借りた人間には罰こそないですが、それ以上借りるのは無理でしょう。借り入れの際、窓口で他社での借金額を聞かれたら正直に話しておきましょう。どうせ信用情報の照会時にバレるので正直に言っておいた方が心証もよくなります。